CRCと薬剤師の行う服薬指導の意義

CRCと薬剤師の行う服薬指導の意義

薬剤師の行う業務の中には、服薬指導といったものが存在しています。この服薬指導とは、病院で発行された処方箋をもとに調剤を行い、患者に手渡す際にその薬の飲み方などの注意事項を説明したりする事を指しています。また、OTCなどでも、医薬品を購入する人に対して、同じように注意事項を説明する事を指します。こう聞くと、書面で説明すればいいじゃないか・・・という意見も出てくるかもしれません。しかし、薬剤師に課せられた服薬指導とは、そんな簡単なものではないのです。

例えば在宅医療などによって自宅で療養している患者などに対しては、症状を聞いたり、薬の効果について確認したりするなど、さまざまな事を把握しなくてはなりません。もちろん、薬剤師は看護師や医師ではありませんので、患者の体に触れて医療行為を行う事はできませんが、薬に関係する部分では、さまざまな質問をする事が不可欠となります。また、高齢の患者には特に多いのが「医師には言い出しにくい事でも、薬剤師には気軽に話してくれる」といったような事があり、薬剤師はこれらを医療機関に伝える事も行っているのです。ですから、薬剤師の服薬指導は、OTC医薬品に添付している説明書のような「単なる説明書き」のような簡単なものではなく、薬を服用する一人一人に合わせた説明と、そして医療人の一人としての症状の把握など、非常に奥深い意味を持ったものとなっているのです。

また、服薬指導とともに治験コーディネーターに転職するという方もここ最近は多くなっているようです。これには、「新しい職場で働きたい」という環境の変化を求めるパターンや、薬局ではなく会社で働いてみたいという方の存在があるようです。確かにこれには頷けるものがありますね。

このように、非常に奥深い意味を持った服薬指導なのですが、調剤薬局で行われる服薬指導に関しては、これを拒絶する患者も多く見られると言います。「お前なんかに説明する必要はない。」中にはこういった言葉を浴びせる人すらいるというのが現状のようです。確かに、薬剤師は医師ではありませんから、「今日はどうしました?」と聞かれてうっとおしいと感じる人もいるかもしれません。まして、今さっき医師に「今日はどうしましたか?」と聞かれて診察を受けてきたばかりなのに、また同じ事を聞かれるともなれば、具合が悪くて早く帰りたい患者はイライラしてしまうという事もあるのかもしれません。また、中には医者きどりの薬剤師がいるのも事実ですので、患者側も思わずいらぬ言葉を発してしまうのかもしれません。このように、在宅医療などの患者にとっては非常にありがたく、感謝される服薬指導も、調剤薬局やOTCともなると、ありがたいと思われる事が少ないばかりか、迷惑がられる事すらあるというのが現状なのです。